ハウスパートナーズの遠赤外線床暖房

当社の遠赤外線床暖房は、遠赤外線の中の育成光線を輻射して、体を通して健康促進をほどこす役割をしてくれます。

通常の量販店などで、遠赤外線カーボンヒーターなど手をかざすと、火傷します(注意)。

当社の遠赤外線床暖房は、遠赤外線の中でも育成光線のみを輻射していますので、火傷や低温火傷の心配もなく、体の細胞に直接遠赤外線が浸透し、細胞を活性化させ、血液の循環をよくしていきます。

そのため、温熱療法として病気の予防にも繋がります。

また遠赤外線なので、空気の汚れもなく快適な生活空間が保てます。

日本人の病気の死因の第一位はガンですが、今の日本の現状2人に1人はガンにかかり、3人に1人はガンで亡くなっているのが日本の現状です。

交通事故の100倍もの人数で驚かされますが、これが現実です。

病気は低温になると掛かりやすくなり、0.5度体温が下がるだけでも、体の免疫力が20%もさがり、逆に0.5度上がれば体の免疫力が20%あがると言われています。

温熱療法は今、国内外問わず、当たり前になってきて、書店でも温熱療法の本はごく当たり前に販売されるようになりました。

病院でも遠赤外線を使って、温熱治療が行われています。

今からの時代は自分自身で病気を予防していく環境を作っていくことが大事だということです。

このような病気の多い日本社会の中。

皆様の環境づくりを少しでもお手伝いしていくことで、お役に立てれるように取り組んでいきます。

 

 

投稿日:

Copyright© ハウスパートナーズ 九州 , 2019 All Rights Reserved.